専門のサービスに頼もう

ハードディスク

ホームページをチェックしてから仕事を依頼

データを失ってしまったと感じたのなら、もう一度冷静になって機器の保存領域の中を探してみましょう。うっかり保存場所を間違えているだけかもしれないので、よく考えて検索をやりなおしてみることは大切です。どうやっても見つからないのなら、データの復旧サービスに連絡を取ることを考えましょう。ネットで調べれば対応するサービスがたくさん見つかるので、まずはそれぞれの復旧率をチェックする必要があります。ホームページに載っている復旧率の数値が高ければ高いほど、失ったデータを救い出せるということなので、できる限り高いパーセンテージを記載しているところを見つけましょう。そして、次は自身が持っている機器のデータを復旧してくれるのか確認しなければいけません。ハードディスクならばほとんどのサービスが対応しているでしょうが、デジタルビデオカメラやスマートフォンなどは対応していないケースもあるからです。対応機器一覧がホームページに載っているので、データが見つからず困っている機器がその中に載っていないか確かめてみましょう。最後はデータの復旧サービスに連絡をして(24時間可能なところもある)、どのようにすれば取り戻してくれるのか聞くことをおすすめします。ホームページにいろいろな情報が載っていますが、せっかく電話を用意してくれているので直接話を聞いてしまいましょう。初めて使う場合もわかりやすく手順を教えてくれるため、すぐに機器の中にある失ったデータを復旧してもらえます。

Copyright© 2020 専門業者が行ってくれるサービスの内容をチェック All Rights Reserved.